「第2回 Bmaps fes」を開催しました!

2019.09.10

カテゴリレポート

9月7日(土)、日本財団ビルにて「Bmaps fes」を開催しました。

2月に続き、2回目となった今回は、前回大会を上回る数の皆さんが参加してくださいました。
また、ゲストとして、野球解説者の赤星憲広様と、女優の東ちづる様にお越しいただき、大いに盛り上がりました。
「誰もが外出できる社会について考える一日」と題した本イベントの様子は、以下のとおりです。

 

1.協賛企業紹介

Bmapsへの支援を通して、情報のバリア解消に貢献してくださった協賛企業をご紹介しました。
そして、Bmapsプロジェクトの運営元である株式会社ミライロの垣内から、感謝状をお渡しさせていただきました。

▼ 協賛企業
・ フィリップモリスジャパン合同会社
・ ブロードマインド株式会社
・ 株式会社ローソン
・ 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
・ 日本航空株式会社
・ 大和ハウス工業株式会社
・ さつき株式会社
・ 三井不動産株式会社
・ 株式会社キャリアート

この一年で一気に増え、現在9社もの企業様が協賛してくださっています。
アプリのバージョンアップや、ユーザー交流イベントを行うことができたおかげで、アクティブユーザーが激増しています。

 

2.トークセッション

Bmapsが目指すのは、「誰もが外出できる社会」。
思いを同じくするゲストと垣内が、対談しました。

▼ 登壇者
・ 赤星 憲広 様(野球解説者/「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~」)
・ 東 ちづる 様(女優/一般社団法人Get in touch 理事長)
・ 垣内 俊哉  (Bmaps考案者/株式会社ミライロ 代表取締役社長)

車いすを寄贈する活動をされている赤星様、「まぜこぜの社会」を目指す活動をされている東様、そして、Bmapsの考案者である垣内。
それぞれの活動が相互に絡み合うことで、多様な方々の外出機会の増加に繋がるのではないかと感じました。

 

3.ディスカッション

グループに分かれ、参加者同士で話し合っていただきました。

▼ 議題
・ IT×多様性
・ 就労×多様性
・ 環境×多様性

障害当事者としては、多くの企業に自らの想いを届ける機会となりました。

 

4.新コンテンツの紹介

本イベントに合わせ、Bmapsの公式Webサイトをリニューアルしましたので、ユーザーの皆様に披露させていただきました。

リニューアルの目玉は、「イチオシ情報」のページの新設です。
このページを通して、「できない」を「できる!」に変える、新たな一歩を応援していきます。

イチオシ情報

 

5.懇親会

Bmapsユーザー同士の交流や、協賛企業の活動紹介をしていただきました。

乾杯のご発声は、Bmapsグランプリで活躍され、また、Bmapsの個人協賛者でもある湯浅博之様が務めてくださいました。

マツコ・デラックスさんをお招きして開催したリリース発表会から3年。
皆さんの応援のおかげでBmapsは、掲載スポット数17万件にまで成長しました。
6月には、App Storeの「Today」ストーリーに掲載され、注目度は一気に高まりました。

7月からは、「Bmaps Action!」をスタートさせ、Bmapsユーザー同士の交流を図っています。
また、バリアフリーの推進において、最も活躍した企業(団体)と個人を決定する社会貢献イベント「Bmaps グランプリ」を開催し、バリアフリー情報を投稿する流れを加速させました。

2020年の一大イベントまで、あと1年。
「誰もが外出できる社会」の実現に向けて、バリアフリー情報のさらなる充実に尽力してまいります。

これからも、Bmapsをよろしくお願いします。