【Bmapsユーザーガイド】バリアフリー情報の投稿方法

2018.11.28

カテゴリ操作マニュアル

 


あなたの投稿が誰かの外出を助けます

「入口の段差がなかった」、「ほじょ犬を快く受け入れてくれた」など、店舗や施設の情報をみんなで共有しましょう。その情報が誰かの外出を助けることになります。

 


 

Bmaps(ビーマップ)で投稿できる情報は5つ

Bmapsで多様な方が外出する際に必要としている情報を投稿できます。投稿できる項目は、「スポットレビュー」「入口の段差」「特徴・設備」「写真」「コメント」の5つです。


①スポットレビュー

対象の店舗や施設がどれだけ利用しやすかったかを、スターの数(5段階)で評価できます。障害物がなく、快適性が高ければ「4~5」を選びましょう。段差や障害物などがある場合は「1~3」を選択しましょう。


②入口の段差

0段(スロープ含)、1段、2段以上で、入口の段差の数を投稿できます。入口の段差は、車いすやベビーカーを利用する方のバリアであり、その数は重要な情報です。


③特徴・設備

多様なユーザーが求める16の項目から、店舗や施設の特徴・設備を選択することができます。


④写真

写真があると、閲覧者自身でお店の状況を判断できます。店舗や施設の写真を投稿できます。「入口」や「店内全体」が写った写真を投稿してみましょう。

 


⑤コメント

自由にコメントを投稿できます。利用してみた感想や、バリアフリー情報を投稿してみましょう。段差がある場合は、「段差の高さは10cmほどです。」と記載しましょう。


 

バリアフリー情報を投稿して「Bコイン」をゲットしよう

Bmapsで、バリアフリー情報を投稿すると、「Bコイン」というアプリ内ポイントを獲得できます。Bコインは「スポットレビュー」「入口の段差」「特徴・設備」「写真」「コメント」の各項目1投稿につき、1コイン獲得できます。したがって、一つのお店や施設で最大5コインを獲得することができます。集めた「Bコイン」の数を競い合うランキング機能もあり、ゲーム感覚で、楽しくバリアフリー情報を収集できます。