高校生のBmapsサポーターと、バリアフリーな可愛いカフェを巡ってみました

2018.01.22

カテゴリ

2017年、高校生の間で流行した言葉の1位は、「卍(まんじ)」。
写真を撮る時の掛け声や、気分が上がった時などに使われるそうです。

「この言葉の意味、全然知らなかった……」と、20代社会人は時代の流れを感じると同時に、「高校生の間で、流行っていることは何だろう?」と興味が湧きました。

そこで今回は、Bmapsサポーター(※)で、車いすに乗っている高校3年生の山口晴加さんに、バリアフリーな可愛いカフェを巡りながら、高校生の間で流行っていることについて、教えてもらいました。
(※)Bmapsの目指す未来に共感し、バリアフリー情報の収集に積極的に協力してくれている人

 

“インスタ映え”するオシャレでバリアフリーなお店に行きたい

取材当日、山口さんがおすすめする「猿田彦珈琲アトレ恵比寿 ウエストサイドストア」で待ち合わせ。車いすユーザーで友人の岩田さんも一緒に来てくれました。
まずは、どのような基準でお店を選ぶかについて聞きました。

▲山口さん(左)と岩田さん(右)


山口さん「基本的に、オシャレかどうかは重要です。可愛い写真を撮って、インスタグラムに投稿することが最近のブームだからです。Bmapsにもお気に入りの写真を投稿しています。今日は、インスタ映えする、おすすめのカフェをご紹介します」


岩田さん「私はあまり外出しませんが、1段の段差であれば乗り越えられるため、入口の段差の数は知りたい情報です」

 

2人は情報のバリアを解消するために、Bmapsをどんどん活用していきたいと語っていました。

スペシャルティコーヒーを専門に扱う「猿田彦珈琲 アトレ恵比寿 ウエストサイドストア」。「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」がコンセプトの同店では、ハンドドリップだけでなく、エスプレッソメニューも豆を選択してご利用いただけます。恵比寿には3店舗ありますが、猿田彦珈琲 アトレ恵比寿 ウエストサイドストアなら、入口がフラットなので車いすユーザーでも安心して入店できます。

店舗名
猿田彦珈琲 アトレ恵比寿 ウエストサイドストア
住所
東京都渋谷区恵比寿南1−6−1 1F
アクセス
JR恵比寿駅西口より徒歩2分
電話
03-5475-8548
段差
0段(スロープ)
設備
  • フラット
  • 静か
  • 明るい
  • エレベーター
  • 車いす対応トイレ
  • クレジットカード使用可
  • 電子マネー使用可

 

時間どおりに目的地へ着くために、30分前行動は必須!
▲スロープを使って、電車から降りる二人

原宿のカフェに行くための電車移動には、多くのバリアが存在していました。

山口さん「電車の乗り降りには、スロープの用意や、下車する駅への連絡等の手配を駅員さんにしてもらうため、どうしても時間がかかってしまいます。乗り換えが2回以上ある場合は、30分以上余裕を持って行動しています」

▲電子カードを駅員さんに渡し、改札を出ようとする様子

恵比寿駅ではスムーズに改札を通っていた岩田さんでしたが、原宿駅では駅員さんのいる出口の列を待っていました。

岩田さん「自動改札口の幅が少し狭いため、駅員さんのいる出口からでないと通れないんです」

車いすでスムーズに利用できる駅は多くなっていますが、解決すべき課題は多くあることに気づきました。

 

異空間な空間「カワイイモンスターカフェ」

▲メリーゴーランドの前で、モンスターガールと写真撮影

原宿駅から歩いて約7分、「カワイイモンスターカフェ」へ行きました。
店内は、派手でカワイイ世界が広がっています。

山口さん「きゃりーぱみゅぱみゅさんのライブ演出を手掛けている方がプロデュースしているレストランなんです。高校生にも人気があります。店内は写真撮影OKなので、フォトジェニックな写真が取り放題ですよ」

ウキウキしている山口さんの隣で、「異世界過ぎて、放心状態です…….」と、岩田さん。

▲「カクテル・ノンドラッグ(実験)」を作っている山口さん


インスタ映えする、フードやドリンクがたくさんあり、異空間で楽しいひと時を過ごせるはずです。

世界のファッションやカルチャーを取り入れて、新しいオリジナルの文化を生み出してきた原宿。このカラフルなイメージの原宿を表現したのが「カワイイモンスターカフェ」。店内に入ると、モンスターガールがお出迎えしてくれます。メニューもユニークです。同ビルに車いす対応トイレもあるので、長時間の滞在でも安心して楽しめます。

店舗名
カワイイモンスターカフェ
住所
東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクエア4F
アクセス
JR原宿駅表参道口より徒歩7分
電話
03-5413-6142
設備
  • フラット
  • 広い
  • エレベーター
  • 車いす対応トイレ
  • クレジットカード使用可
  • 禁煙・分煙

 

ピンク溢れるガーリーなカフェ「HONEY MI HONEY」

▲ドリンクを選ぶ、お二人


「HONEY MI HONEY」は、店内がピンクで統一されていました。

山口さん「可愛いものが好きな方に、おすすめです。フォトジェニックでインスタ映えばっちりです」

「普段あまり外出しない私には、なかなか刺激が強いです」と、岩田さん。
Bmapsを活用して、いつもとは違うお店に行くのも、たまには気分転換になりますね。

▲カフェ入口の前での一枚

人気のアパレルブランドショップに併設されている「CAFE HONEY MI HONEY」。店内はピンクで統一されている、ガーリーな空間です。オーガニックにこだわった素材を使用したフードやドリンクは、やさしい味わいです。車いすでお店に入る際は、通常の入口ではなく「原宿あかねビル」という表記のある入口を入り、エレベーターで2Fに上がります。入口に段差が1段ありますが、介助者が1名いれば乗り越えられる高さ(約10cm)です。

店舗名
CAFE HONEY MI HONEY
住所
東京都渋谷区神宮前6-2-6原宿あかねビル2F HONEY MI HONEY TOKYO内
アクセス
JR原宿駅表参道口より徒歩8分
電話
03-6427-4272
段差
1段
設備
  • 静か
  • 明るい
  • エレベーター
  • クレジットカード使用可

 

視点が変われば、見える世界も変わる

高校生の2人から、高校生の間で流行っていることだけでなく、車いすユーザーが移動する時に困ることについても、教えていただきました。
視点が変われば、見える世界も変わることを実感しました。

今回、行ったお店のバリアフリー情報は「Bmaps」に登録しているので、ぜひご覧ください。

 

人気記事