日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017にて、Bmapsのブースを出展しました

2017.11.20

カテゴリ

11/18(土)、「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017」(※)にて、Bmapsのブースを出展しました。

(※)https://www.social-innovation.jp/

本フォーラムは日本財団が主催し、「社会課題を解決したい」「社会をより良くしたい」「日本の明るいビジョンを語りたい」といった思いを議論し、実践に繋げる場です。

Bmapsプロジェクトは、本フォーラムの2日目にブースを出し、来場された方々にBmapsをご案内させていただきました。
隣のブースには、以前、以下の記事(※)で紹介させていただいた「ローランズ social flower & smoothie shop」さんが出展されていました。

(※)障害のある方が活き活き働く工夫とは?~地域に親しまれている都内のカフェ3選~
http://web.bmaps.world/topics/post-542

障害のある方はもちろん、ベビーカーを利用されている方や、友人に車いすユーザーがいる方、病院で勤務されている方など、多様な方々にお立ち寄りいただきました。
Bmapsの想いに共感して、その場でインストールをしてくださった方や、「いつも利用しています!」というお言葉をくれた車いすユーザーさんもいらっしゃいました!

また、鳥取県の大学生と高校生もイベントに参加していました。
バリアフリーマップの制作に興味があるとのことで、Bmapsの使い方を熱心に聞いてくれ、「鳥取のバリアフリー情報をたくさん投稿します!」と言ってくれました。

今回のブース出展を通して、Bmapsの認知度が徐々に高まっていること、また車いすユーザーさんが日常生活でBmapsを使ってくださっていることがわかり、非常に嬉しく思いました。

さらに多くの方々にBmapsをご活用いただけるよう、今後も更なる改善に努めます!

人気記事