障害のある方が活き活き働く工夫とは?~地域に親しまれている都内のカフェ3選~

2017.10.11

カテゴリ

昨今、行政や学校でよく使われる「みんなちがって、みんないい」というスローガン。
様々なニーズを持つ障害のある方が、個性を存分に発揮しつつ、伸び伸びと生きるにはどうしたら良いのでしょうか?

厚生労働省では、障害者がごく普通に地域で暮らし、地域の一員として共に生活できる「共生社会」の実現の理念のもと、すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があるとして、平成30年4月1日から、障害者の法定雇用率が引き上げになると発表しています。

出典:厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaisha/04.html
どの企業・団体・行政でも、障害のある方が活躍するフィールドが求められています。

今回は、障害のある方が活き活きと働くためのヒントを学ぶべく、聴覚障害や知的障害、精神障害のある方々が働く都内のカフェを3店、特徴や働く工夫をふまえてご紹介します。

ローランズ social flower & smoothie shop 原宿店

平成29年5月、日本財団の支援を受けてオープンした「ローランズ social flower & smoothie shop」。カフェとお花屋さんが併設されたお店です。入り口に段差が3段ありますが、車いすユーザーはお店の方にお伝えすれば、段差がないお花屋さんの方から入店することができます。フルーツや野菜がたっぷり入ったスムージーは、見た目も味も楽しめます。

店舗名
ローランズ social flower & smoothie shop 原宿店
住所
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-15ベルズ原宿1F
アクセス
JR原宿駅竹下口より、徒歩5分
電話
03-6434-0607
段差
2段以上
設備
  • 静か
  • 明るい
  • ほじょ犬対応
  • コンセント
  • 公衆Wi-Fi

メインで働くスタッフの大半は障害があり、その多くの方々が精神の障害と向き合っています。
担当している業務は、それぞれの特性に合わせて、花のアレンジメントやスムージーの提供などです。

オーナーの福寿満希(ふくじゅみづき)さんが大切にしているのは「手は離すが目は離さない」というスタンス。「失敗しないように守りすぎた結果、自立を妨げてしまうのはもったいない。どんどん挑戦して、失敗を含めた経験値を積んで、一緒に働く力を高めていきたい」と語っていました。

皆さんも、都会の喧騒を忘れて、緑とお花の空間やカラフルなスムージーで癒やされてみてはいかがでしょうか?

ダイニング街なか 十条店

JR十条駅のすぐ近く、にぎやかな商店街に面した明るくゆっくりとした「ダイニング街なか」。地元にある東京家政大学の協力のもとオーガニックメニューを提供しています。障害の有無や年齢に関係なく、誰もが気軽に立ち寄れる「街の居場所」を目指しています。入口に段差が1段ありますが、介助者が1名いれば入店できる高さ(約5cm)です。ディナーは6種類の定食メニューから選べます。有機野菜を使った体にやさしいお料理です。

店舗名
ダイニング街なか 十条店
住所
東京都北区上十条2-28-6
アクセス
JR十条駅北口より、徒歩30秒
電話
03-6454-3870
段差
1段
設備
  • フラット
  • 広い
  • 明るい
  • ほじょ犬対応
  • 禁煙・分煙

中心で働く知的障害のある8名は、シフト制で、接客や調理などで活躍しています。勤続年数が一番長いスタッフはオープンから8年間働いているそうです。

週に一度、お家で1人でお昼ごはんを食べることが多い高齢者に、外に出て、おしゃべりしながら食事を楽しんで元気になってもらおうと「高齢者ふれあい食事会」を開催しています。

地域一丸となって、障害の有無、年齢、性別関係なく、誰もが気軽に立ち寄れる場を提供している「ダイニング街なか」に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

Social Cafe Sign with Me 春日店

後楽園駅から徒歩5分にあるスープカフェ「Social Cafe Sign with Me」。店内に入ると、聞こえてくるはずの「いらっしゃいませ」の代わりに店員さんは優しい微笑みとジェスチャーで出迎えてくれます。スタッフの全員が、耳が聞こえない「ろう者」で日本手話が公用語です。オーダーはメニューを「指差し」して伝えます。手話ができなくても、筆談やジェスチャーで店員さんとコミュニケーションを取ることができ、安心して食事を楽しめます。スープは15種類以上あり、パスタやスイーツも充実しています。段差がないので、車いすユーザーでも安心して利用できます。

店舗名
Social Cafe Sign with Me 春日店
住所
東京都文京区本郷4-15-14
アクセス
東京メトロ丸の内線後楽園駅4a出口より、徒歩5分
電話
03-5615-8764(電話ではなく、FAXです)
段差
0段(スロープ)
設備
  • フラット
  • 静か
  • 明るい
  • ほじょ犬対応
  • コンセント

厚生労働省によると、ろう者の人数は約12万人(※)。その多くが、就職先での人間関係の構築、顧客との意思疎通など、コミュニケーションに課題を抱えていると言われています。
(※)平成27年度の聴覚・平衡機能障害1級・2級の総数
出展:厚生労働省ホームページ(http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001165643

この理由は多様で一概には言えませんが、
聴者は、ろう者に対して、どうコミュニケーションを取ったら良いか「わからない」
ろう者は、聴者が、何を伝えようとしているのかが「わからない」
といったように、「わからない」ことによる不安が起因しているのではないでしょうか。

「Social Cafe Sign with Me」には、ろう者や聴者に関係なく交流し合う中で、新しい考え方を生み出すことのできる場になってほしいという思いが込められています。

皆さんも、静かで活発な「会話」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

アプリ・Bmapsでバリアフリーなお店を手軽に探そう!

入り口の段差の数や多目的トイレの有無、店内の設備など、毎回お店に問い合わせるのは大変ですよね。そんな時に役立つのがバリアフリー情報を共有するアプリ「Bmaps」です。
お店のバリアフリー設備や口コミ情報を、簡単に入力&閲覧することができます。

人気記事